ある学生のブログ【便利なツール フリーソフト サイト】

パソコンの便利なツールや、フリーソフト、サイトを紹介しています。よかったら覗いてくださいねw

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カダフィ大佐の右腕も離反 

【カイロ=大内清】リビアの最高指導者カダフィ大佐は、長年の「盟友」であるオベイディ公安書記(公安相)にも離反され、四面楚歌に陥った。41年にわたり同国を支配してきた独裁者に生き残りの手立ては残されているのか。


「アブドルファッターフ・ユーニス(オベイディ公安相)はどこにいる? 裏切り者(反体制派)に殺されてしまったのだ!」


カダフィ氏は22日の演説で何度か、1969年のクーデターで政権を奪取した当時からの腹心であるオベイディ氏に言及した。そのオベイディ氏は数時間後、北東部ベンガジからの声明で、「私は生きている」と反論。中東の衛星テレビ局アルアラビーヤとの電話インタビューでは、カダフィ氏が自分を暗殺しようとし、間一髪で命拾いしたとも明らかにした。


この暗殺未遂が起きたとされるのはカダフィ氏の演説の前後。カダフィ氏はその忠誠を疑ったオベイディ氏を暗殺し、その責任を反体制派になすりつけようとしたとみられる。孤立無援のカダフィ氏を支えるのは、有力後継候補の次男サイフルイスラム氏ら一族のほか、なお忠誠を誓う一部軍部隊、外国人傭兵ら。どれだけの戦力が残されているかは不明だが、カダフィ氏の息子には、軍に影響力を持つ国家安全保障顧問の四男ムアタセム氏や、独自の部隊を持つとされる七男ハミース氏などがいる。


ただ、アルアラビーヤによれば、23日にはサイフルイスラム氏の側近も辞任を表明した。部隊の任務放棄も続くとみられる。


「彼は逃げたりしない。(権力を手放すとすれば)自殺するか殺されるときだ」。40年以上にわたりカダフィ氏の「右腕」だったオベイディ氏はこうも語り、本格的な戦闘が起きる可能性を示唆した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110223/mds11022321340...

リビア反政府デモから数日経ってますが、軍も政府に従う者と離反する者に別れて交戦状態にあるらしいですね。
内戦状態ですが、反政府軍の方が優勢にあるらしく国土の半分は制圧しているそうです。

( 2011/02/24 02:46 ) Category 政治経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブロとも申請
▼ブロ友よろです▼

Hiroにブロとも申請

▼相互リンク・RSSは▼
こちら
カテゴリ

openclose

my日本
リンク
あわせて読みたい
ブログランキング
ブログランキング
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。